イチオシ商品


ブランド一覧


▼スターターキット
├ Aspire
├ Innokin
├ Joytech
├ Kangertech
└ SMOK


▼Eリキッド
├ FivePawns
├ HALO
├ KAMIKAZE
├ SuicideBunny
├ UncleJunk’s
├ Space Jam
├ KingsCrown
├ VapeFuel
└ VOLCANO


▼アクセサリー
└ VAPESOCKS

商品検索

商品カテゴリで検索
ブランドで検索
商品名で検索

スターターキット

  • Aspire
  • INNOKIN
  • Joytech
  • Kangertech
  • SMOK
  • VAPESOX

Eリキッド

  • FIVEPAWNSのロゴ
    FIVEPAWNS
  • HALOのロゴ
    HALO
  • KAMIKAZEのロゴ
    KAMIKAZE
  • SUICIDE BUNNYのロゴ
    SucideBunny
  • UNCLEJUNKSのロゴ
    UncleJunks
  • VOLCANOのロゴ
    VOLCANO
  • VAPE FUELのロゴ
    VAPE FUEL
  • King'sCrownのロゴ
    King'sCrown
  • SpaceJam

初心者向け情報:Eリキッド入門


▼そもそもEリキッドって何?


VAPEの煙の元

VAPEの煙の元になる液体をEリキッドと呼びます。Eリキッドは熱が加えられると煙のような白い水蒸気に変化します。ベジタブル・グリセリン、プロピレングリコール、香料の3つが主原料です。



▼Eリキッドはどんな味がするの?

フレイバーの系統によって以下の6タイプに分類できます:



・タバコ系

各銘柄のタバコに似た風味を楽しめます。

・メンソール系

ミント単体、あるいはフルーツなどとミックスされた味が楽しめます。

・フルーツ系

バナナ、りんご、メロンなど、様々なフルーツの味を楽しめます。

・スイーツ系

ケーキ、チョコレート、クッキーなど様々なスイーツの味を楽しめます。

・ドリンク系

エナジードリンク、コーヒー、ジュース、ミルクティーなど様々な飲み物の味が楽しめます。

・グルメ系

様々な味が複雑にミックスされていて、既存の食べ物の味では形容できないテイストが楽しめます。



▼どの味のEリキッドがオススメですか?

とりあえずイロイロ試してみましょう

現在も喫煙されている方や、以前タバコを吸っていたことのある方にはメンソール系、グルメ系がお勧めです。これまでにタバコを吸ったことがない方にはスィーツ系、ドリンク系をオススメします。ただし、味の好みは人それぞれなので、まずは上記で分類したカテゴリなどを参考に、何本か購入してEリキッドにおける自分の味の好みを認識しましょう。


200種類以上のティスティングにより厳選されたEリキッド



▼誰が製造しているの

世界には200社以上のリキッドメーカーが存在


2015年の時点で、世界にはすでに200社以上のリキッドメーカーが存在すると言われています。アメリカのEリキッドメーカーが圧倒的に多いですが、日本のリキッドメーカーも4社ほど存在しており、日本国内の向上で製造しています。
安心の日本国産Eリキッド・ブランド「KAMIKAZE」
安心の日本国産Eリキッド・ブランド「VapeFuel」



▼Eリキッドの原材料は何?

Eリキッドの主成分となる原料は3つです


「VG」(ベジタブル・グリセリン)
ベジタブルオイルやココナッツオイルなどの植物油から抽出される、甘くてとろみのある液体です。蒸気化した時に白く煙のようになるのはこの「VG」の影響です。

「PG」(プロピレングリコール)
有機化合物で、無味無臭のサラサラな液体で、香料などの溶媒として使われています。吸い込んだ時の喉の刺激はこの「PG」によって生じます。

「香料」
人工香料もしくは天然香料が使用されています。


上記の3成分の配合バランスによって、煙の量、香りの強さ、味の濃さなどが決まります。成分配合はレシピと呼ばれ、各リキッドメーカーの極秘事項となっています。



▼そもそもEリキッドって安全なの?

少なくとも、タバコよりもはるかに安全です

Eリキッドの主成分は過去数十年に渡って、食品添加物として世界中で使用されてきた歴史があり、その無害性が証明されています。ただしEリキッドが誕生してから10年も経過していないため、吸引摂取した時に人体にどのような影響をあたえるかについての結論は得られていません。しかし短期間のテストにおいては、Eリキッドに含まれる各種の成分が人体に害を及ぼすという結果は一切報告されていません。
そもそもタールを筆頭に、複数の発がん性が公式に認められているタバコを吸うよりは、VAPEを吸っていたほうが、はるかに安全だと言えるでしょう。



▼VG(ベジタブル・グリセリン)比率が高いリキッドの特徴

VG比率が高いリキッドほど煙が濃くなります

蒸気化した時に煙のように白くなるのは「VG」成分なので、VGの比率が高いリキッドほど煙が濃くなりますが、煙の量に反比例してリキッドの味は薄くなります。



▼PG(プロピレン・グリコール)比率が高いリキッドの特徴

PG比率が高いリキッドほど味が濃くなります

吸い込んだ時にに舌が感じるEリキッドの味は、PG成分によるものがほとんどです。そのためPG比率が高いリキッドほど味が濃くなりますが、反比例して煙量は少なくなります。VAPEを吸い込んだ時に得られる喉への刺激(スロートヒット)もPGの影響です。



▼ニコチン入りリキッドに関して

日本では薬事法の規定によりニコチン入りリキッドの製造、販売は禁止されています。

ただし、個人が使用するに限っては海外のショップなどから購入することも可能です。どうしてもニコチン入りリキッドが欲しい人は海外のショップから購入してください。海外ショップで販売されているニコチン入りのEリキッドではニコチン含有量を6mg、12mg、24mgなどから選択可能です。



▼当ショップではアメリカ産、日本産のリキッドを強くオススメします

中国産は避けるのが吉

タバコよりはるかに害が少なく(というか害が無い)VAPE・電子タバコですが、一つだけ注意すべきことがあります。それは中国産のリキッドです。ここで説明するまでもありませんが、あの国の食品(それ以外もですが)の衛生観念は最悪です。現在、低価格(1000円以下)で販売されているのEリキッドのほとんどが中国製で、とても危険です。例えばニコチンが入っていいあにはずのボトルなのに思いっきりニコチンが入っていたり、香りが強くても味が全然しなかったりとトラブルが多すぎます。EU各国のブランドとうたってはいるものの、中身は中国で生産されていEリキッドもあるので注意が必要です。

日本製、アメリカ製のリキッドは安全性が証明されています

当ショップでは食品に対する規制が厳しく、信頼性が高い、アメリカおよび日本のリキッドメーカーのEリキッドだけを取り扱っています。アメリカで製造されているリキッドは米国食品医薬品局FDAへの登録義務と成分証明が法律に定めれているので安心できます。日本のリキッドメーカーの場合は、メーカーが自主的に第三機関である一般財団法人日本食品分析センターで成分検査を行っています。

当ショップで販売しているアメリカ産、日本産のリキッドは全て上記の基準をクリアしていますので、安心してお買い求めください。



▼当ショップがおすすめするEリキッド

膨大なテイスティングの末に選び出された10本とは

当ショップではスタッフがEリキッドを様々な環境活動でテイスティングしており、評価およびランク付けを行っています。そして、これまでに150種類以上のEリキッドを入念にテイスティングした結果、自信を持ってオススメできる10本として、当ショップの一押しリキッドに選出しました。味の好みは十人十色なので確約はできませんが、気に入っていただける自信はあります。Eリキッド選びに迷ったら、どうか参考にしてみてくださいね。


当ショップイチオシのEリキッド